読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

非常にどうでも良い部分での、iPhoneにカバーを付ける理由。

iPodtouch並びにiPhoneネタがまた続くなぁ。まあいいか。そういう時期だし。
で、iPodにカバーを付けるのは、愚か的な(てか、ジョブズがそういうようなことを言ってるわけですが)話がよく上がってきます。*1
確かにそのためにiPodのガワは非常に丈夫に出来ています。表面のガラスも超強力。なので確かに基本的に要りません。むしろ傷が良い味を出すのは確かで、私の3GiPodも今は一度バッテリー交換の名の下の新品に交換するまでは*22年分の傷が目立つもののなかなか良い味を出していたと自画自賛していました。
でも、touchとiPhoneはそうはいかない。touchにシリコンカバーを付けて使っている私からすれば、「美学はともかく、実用を考えるならシリコンカバーを付けるべき」と思います。
なんでかって言うと、ただ一点。電卓、そのために。
IPhoneでのアップデートの目玉の一つ*3の電卓の関数計算。これをフルに生かすには当然机に置く必要があるのですが、いかんせん裏面の材質が材質なんで、滑る。たぶんコレは3Gでも同じでしょう。しかも素早く押そうとすると結構力が入るので、結構滑る。
だけどシリコンカバーを付けると、滑らない。ガシガシ押しても滑りません。電卓は結構レスポンスが良いので、快適に使えます。
まあ、それだけです。でも携帯電話の電卓機能って個人的に結構使うんでやっぱり美学も良いけど、これは外せないなぁと思います。

*1:てかiPhone発売後に一度は必ず再燃すると思う。間違いなく

*2:iPodをApplestoreにてバッテリー交換の名目で修理に出すと本体が新しくなって帰ってくるステキ仕様

*3:特徴の一つとしてページを作っちゃうところに力が入ってます