読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

ペプシ白玉ぜんざい

ペプシあずき発売!名前からしてかなりの大物なので、昼間に買う勇気はなかったが、おかげで一つの発想にたどり着いた。
「米の炭酸と混ぜればペプシぼたもちになるんじゃね?」と。
で、やってみた

まずはペプシあずきをあける。

おー、禍々しいというかなんというかな色ですねー。単品で飲むと、粒あんの最後の口に残る部分はなかなかに再現されてる感じ。
でもそれあずきと言うよりあん(ry

で、次にもう一つの「JT和素材工房米づくり」を。ちなみにこの米づくり、単品だとカルピスソーダを薄くしてちょっと和風のエッセンスって感じのなかなか味な仕上がりなので、単品でも是非お試しを。

と言うことで混ぜていくんですが…

色があまり変わらないんですけど!(分量的に5:5に近い感じで混ぜてる)ペプシの着色料がすげぇ。そりゃ水にあんな色を付けるんだからな!と力を誇示するかのような色。

味も正直ペプシあずきの味が色と同じくらいに優ってる感じ。
じゃあ、あまり変わらないのかっていうとそうでもなくて、混ぜたの飲んでからペプシあずき原液をもう一度飲むと、その濃さにびっくりする程度には薄くなってました。タイトルにも書いたけど当初のぼたもちというよりは、白玉ぜんざいの様な印象。液体だからってのもあるんだけど、ぜんざいのような「あずき汁」感が強かったので、それを米的和風エッセンスで薄めたので、結果的に「はじける白玉ぜんざいエキス」みたいな状態になってました。

というわけで、結果的には薄くなったものの、あずきが1リットルになったような状態でしたが、全て飲みましたとさ。

皆様も、時間と300円と興味と覚悟があるなら是非お試しを。