読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

iPadとiPhoneの違い、二台持ちする意味を考えてた。

iPadiPhoneの違い、二台持ちする意味を考えてた。
iPadiPhoneは似てる。というか、サイズのちがいが最も大きく、あとは多少の相違はあれど同じようなものです。なので、当然浮かんでくるのが「二台持つ必要があるのか」と言う部分だったりします(iPadなんていらないよiPhoneの方がいいよってのもここら辺にかなり起因する訳ですが。)

で、今代の新旧こそあれど二台持ちの状況で新型iPhoneの噂もある中で、本当に次は必要なのかを考えてみる。

iPadを外でモバイルと言うのはこれから先はともかく今は割と使わないし、将来的に市民権を得たとしても、物理的制約は大きい。で、アプリはとりあえず同じのが使えない事はないし、似たような事はアプリ変えればたいていは出来たりする(同じOSで、同じ開発環境だしユーザーも最初はかぶってくるし)

ただ、iPhoneOSの基本的にアプリとブラウザまかせ的な部分は結構強く、同じiPhoneでも人によってまったく使い道は違うし、出来る事は変わってきたりする。ま、アプリまかせなら当然ですが。

サイズによる可搬領域が当然違うので、そこでそれにあったアプリを入れる事でまったく違う端末に化ける。そこを理解しておく事で併用と言うか、まったく用途が異なり、二台持つ事の意義がある。

当然データ連携が出来るのが強みとなる場面は多いはずだし、同じソフトが使える事も強みになる場面があるはずだろうし。

これは当然Androidでも言える事ですが、データ、UI、アプリの殆どが一括的に管理されてるApple製品の方が意味合いとしては強いのかなとはおもいます。それが正しいかはともかくとして。

かたや、モバイルでスピード重視の発信ツール、かたやそのデータを眺めたり、使ったりするツール。

そんな感じで可搬領域とアプリの選択でいくらでも使い分けは出来るんだろうなとは思ったり。

俺が新型を買った時はこういう言い訳をして行きたいと思う意思表明でもあったりするのは内緒な。