読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

震災とTwitterのスタンスをぼんやり考えてた。

まずは、今回の地震と津波の被害者の方々に、心からのお見舞いを申し上げます。

中越沖地震を体験した分、そのはるか上行く尋常じゃない規模の災害にただただ驚愕。(もちろん中越沖地震だって大変な被害だったけど)中越沖地震のあのころは、ユーザー数が少ないTwitterとか世間的にも何それ状態だったので、もちろん地震は話題になったけど、こんな感じではなかった。けど、今タイムラインやWeb周りの観測してる範囲の出来事をみてるとなんとなくその頃に思った事がむくむくと。なんとなく今のながれが被災者(今回の場合初動の時点で東京の帰宅難民の話が出て、ここのくくりが非常に難しい。基本的には東北とかのもろに被害を受けた人達を中心にとする)にとって有用なのか。という疑問が消えないので。

まあ、何が言いたいのかと言うと、こういう緊急事態の時は伝えたい相手に合わせて、伝え方も替えないといけないのではないかと。なんとなく思うのは
・被災地域のライフライン情報は被災地域外でも理解しておいた方が良い
・被災者には聞かれた時にReplyで伝え、公式非公式問わず、その情報がちゃんとしててもRTでただ要不要問わずにただ垂れ流すのはなるべくやめる
・Replyはまとめサイトとかでなく、まずは簡潔にその発言以内で収めるのを心がける。(その後まとめサイトを紹介する)
っていう使い方も必要なんではないんだろうかと思ってたりします。

公式だろうが非公式だろう言う以前に、一番情報欲してる人は、基本的に外から拡散してる人達より、ほぼ確実に「情報収集環境」も崩壊している。してない人もいるだろうが、それはまれ。つまり、必死になって手数を公式だろうが非公式だろうが無目的に拡散してる情報を「選別・フィルタリング」する事が出来ない。可能性は高い。出来る人はしてるが、出来ない人の事のデメリットの方が大きい。

その中でのRTはどっちにしても結構面倒な存在被災地域でない自分ですら今のタイムラインのRTのノイジーっぷりはすさまじい。もちろん人によって程度の差はあるけど、正直被災者にとってはそれ以上に厄介なものになるだろう。非公式は論外としても、公式RTですらタイムスタンプ的に怪しい場合もある。

さらに言えば、もしかしたら、その一回の更新するのも大変な状況かもしれない。その中で「○○が欲しい」って言ってるのかもしれないし、そうでなくとも環境としては確実に切迫してる。悠長に検索してる余裕も環境もバッテリーもないかもしれない。だとするなら、今もっとも知りたい被災者の質問にまとめサイトのURLを揚げてここ見ろではもしかしたら伝わらない可能性はある。というのを最初の時点では避けたい。もちろん後でまとめたサイトとか有用なサービスを教えてあげればその後役に立つだろう。

なるべく向こうの人の最悪の状況を考え、ノイズフィルタリング、通知や検索の手間を除去して示す。そういう必要があるのではないかと。こういう時にただ単に流して「あとは自分でどうにかすればいい」的な事をするのは平時以上に酷ではないかと思う。なるべく外からは「正確に、ピンポイントに、対象を普段以上に明確に」伝えるというのが求められるし、それが出来るのは現状人力が一番なのではないかと思う。

もちろん今後出来るのかもしれないけど、そこまで手が届くWebサービスは現状はない。もしかしたら今後インターネット上の、自分たちからすれば「魔法使い」の様な人達が作ってくれるかもしれないけど、今は魔法がないなら、魔法が使えない人達で泥臭くやっていくのがベターだし、そういうのが出来ても、その穴を埋めるのはやっぱりこういう事だと思う。とかくWebサービスが出来ました的な魔法的な部分に目が行きがちだけど、結局こういう緊急時にはそこに頼り切るのは難しい。というか、そういうのが出来るのがTwitterを始めとしたソーシャルサービス。

あとは、単なる心情的なものではあるんだけど、こういう「聞いた事に、答える」ってそのやり取りがあるってのは、たぶん心理的にプラスなんじゃないかと。いわゆう一声運動的ななにか。そりゃ近くで声でじかに伝えられたらもっといいだろうって野派あるけど、出来ないのはしょうがない。だからこそそれを補う手段になりうるTwitterとかほかのソーシャルなサービス。

ああいう拡散とかキュレーションとかよく解らない感じのもので忘れられがちだけど、マンツーマンのコミュニケーション「も」できるのがtwitter。マンツーマンが1万回繰り広げられればそれは立派なメディアだろうし、そういうのがこれまで出来なかったメディアの姿の一つだろうとは思う。互いに互いを補ってより良くすればいいし、自分が出来る事と、タイムラインの先の「人」を考える。そういう事が、避難生活からの先、ものすごい消耗戦になるこれからは絶対に必要だと思う。

長々とはなりましたが、出来れば、今とかしばらくだけでなく、この未曾有の大災害を長く、多くの人が、支えてくれればとは思います。そのためにもバズワードでなく、人とのかかわりというものを持っていければいいなと。