読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

意味するのはメタゲームか。それともディテールか。 J2第2節 東京ヴェルディ戦

やっぱり味スタは青赤い方にもお慈悲をいただけるスタジアムでしてね(毎回言ってる気がする上に、煽る気も全くないんですが)という感じでの予想以上の完勝。「やっぱりメンバーそろってる所とやるとこういう部分で…」みたいな事になるのかと思ったら、さらに一方的にアタック状態という事に…。いいぞ、もっとやれ。いや、むしろこの成績でシーズンを(ry

たぶんこの試合に関しての振り返りは
僕が第1クールの甲府戦に負けた理由(わけ)|まぐまぐまぐろんブログ・・・略して、まぐロ
ここを見た方が良い。ほぼここの通りだと思う。相手様の目線ですがほぼこの通り。特に甲府の攻めパターン解説を見ておくと吉。内容的に言うことなしなのに、試合解説までやってくれてこちらも言うことなしで、至れり尽くせりとはこの事か。

なぜ中盤の4人がこの選択・配置なのかが理解できそう。FWから落とした時にアウトサイドは逆足の方が中に入る時の選択肢は多いし、堀米も柏も中に切れ込む方が他のメンバーより持ち味が出るタイプのようで。

反対にこっちから見たヴェルディは基本的に西がどこにでもいて厄介。右サイドは小池と森のコンビの突破力が怖い。ジョジはジョジだった。ニホンゴオジョウズデスネー小林はうん、まあ…なかなかうまいし若いしこれからがんばれ結構がんばれ。バウルさん相変わらずですね。という感じで。単体でしか評価してないのは、単体でしか評価できないという事で、それで今節の印象がわかっていただければと思います。中後と小林が出し手とはっきりしている以上、前の4人がそれなりに動けないと…という印象は。まあ、今節で語るのはあとあと痛い目しか合わない気はしますが。

で、その中核を担う中後の交代後、CBだった選手を前に出したのもあって、それまで2CB+1SBで甲府の2トップに対応してたのを、2CB+1DHで対応するようにした感じがあって、そのため最初攻撃が右に比重を出してたヴェルディの森と小池(と西)に手を焼いてた佐々木も徐々にバランスがとれるようになってきた印象。ついでにゴールいただいちゃう大物ぶりだし、いっそこのまま定着しても悪くはないかも知れない。佐々木も実質デビュー戦でPK献上したが、安心して欲しい。今清水にいる前日にPK献上した若手大物SBもここでPKを献上してだな(ry むしろさらに点を取ったのはその上を行く大物ぶりであり期待値も上昇させざるを得ない訳です。

バランスを相手がとったらこっちが攻め上がれたってのもおかしな話と思われるけど、それだけセンターでのダヴィと高崎の圧倒具合と、保坂とテルさんの制圧具合は凄まじかった。反対に相手の左、こっちの右の堀米・福田コンビはやりたい放題にも程があった感じで、なぜ福田を放出したのか問い詰め…ませんが。俺達の福田ですから。いや、ほんとSB不足の昨今でこんな選手取れるとはな…

甲府の2トップがセンターを制圧してて、そこからの攻撃が恐ろしい回り方をしてた。なのでヴェルディも強みのサイドの枚数落としてでも最終的にその2CB+1DHで3バック組むほどになってたんだけど、ボランチも制圧されて、サイドは数的優位できて言わずもがな…という状態でそりゃ勝ちますわ。という展開でした。

ただ、しきりに監督や選手は「課題がある」的な言葉をあげてまして。ディテールという意味もあるんだろうけど、たぶんあるのは「FWがキープできないと全部回らない」という点。2戦ともその心配がないくらい2トップで制圧できてますが、ここはJ2。おそらく2枚を封じるのはそのうちメタられるに違いないし、常に2トップがあの感じとも出場し続けられるとも限らない。という時にどうするか。という点ではないかと。この2トップがセットプレーでニアに飛び込ませられる程度に機動性があって、裏にも抜けられるという点を鑑みても、このままヒャッハーしててはいずれ行き詰まる。というあたり。

今の所そこに対しては、片桐と井澤を入れたときのチームの動きで試している様な気はしますが。3点目の時点でどうやら柏がWGのように張ってた、片桐・井澤でインサイドハーフしてた、高崎→永里というあたりで見て。センターを固めたら、キープできる片桐と散らせたり飛び込ませられる井澤とでセンターで持って、CFの枚数減らして相手のCBを余らせた上に、今度は空いたサイドをWG的な選手に突かせるというという狙い。3点目はそういう意味では思いっきりその狙い通りといえるだけに、そりゃガッツポーズだわなと。ただ、そこに至るまでに交代カードを2枚(下手したら3枚)切らないといけないという時点でまだ色々あるんだろうな。とは思いますが。

今のスタメンでFWのキープ力に大きく依存しないパターンを作る事が出来るか。はたまた、よりよいパターンを作り上げるメンバーが出て来るか。という競争があって、さらに現状結果が出てる。というのは非常にいい循環で、大変ぜいたくな悩みですけどね!!

え、さすがに心配するの早過ぎですか。そうですねヒャッハー2連勝ですから。しかしここはJ2。何が起きるかは良くも悪くも、わかりませんですぜ。
f:id:tanemaki:20120311150013j:plain
備えあれば憂い無し。ってな。石橋を叩いて壊すともいうけど。