読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

The New iPad(ってなげーな(early 2012))買った話

今週のお題「この春、○○はじめます!」ってことで。
古いiPadをお使いの皆さんこんばんは。って言うのがトレンドだってばっちゃがいってた。

という事で買いましたiPad。実家に初代iPadを押し付けて数ヶ月が経つので、久々に戻ってきました。始めましたなのか再開しました。かは微妙だけどまあ良い。

多分、初代から移行したらまず感じるのは「うわ、ちゃんと動く」ってことだろう。キビキビとかでなく、引っ掛かりとかの問題なく動く。ということ。スピードとかなんだかんだ言われてますが、結局ちゃんと想像通り動けばそれ以上ってわかりづらい。だけどそのレベルが大事で、スペックアップって結局は体感ではわからない。特にこの手の一般人レベルの端末では。
もっとヘビーに使うならともかく、iPadくらいのホームユースではそれをとにかく大事にとは思います。スパコンじゃないので、細かい最高スペックとかはいいです。

画面が綺麗なのはホーム画面ではっきりするけど、それを堪能するにはまだまだコンテンツ・アプリ側の整備が追いついてない感じはあるので、今後なんだろうなと。

とりあえず初代から「ちゃんと動く」世代の端末に移行した時の感動は薄いけど、「これは確かに売れるわ…」とか「動作がしっかりするだけでこんなに快適になるんだな」というじわじわ来る感じは多分いきなり「ちゃんと動く」世代の物を買うよりはっきりと実感出来てるのではないかと。使ってるひとが作るから出来る発想と言うか実感と言うか。

とはいえ、さっきも書いたけどコンテンツの方がRetina対応がまだ+これまでのiPad対応で作ったコンテンツの置き換えの方が今はネックで「Retina対応してないの見ると萎える」的な部分の方が今は大きいのかなとは思うので、もうちょっと待ってからの方がよりスムーズに体感できるんではないかと思う。ハードウェア的にも今回のはiPad2"Retina Special"的な仕上がり。アシタガアルサーならずジキモデルガアルサーってことで。ただ、やっぱり対応してるコンテンツを扱う時は距離もPCとかよりも見る距離が近いだけに感激が大きいのは確か。キレイでなんとなくでそれなりにちゃんとした動作で動く感じはとても素晴らしいと思います。(さらに言うなら各種アプリやページを作る時もそれっぽく作ってくれるひとが多いので、そこも含めての強みだと思います。アプリ・コンテンツ・ページ作者の皆様に感謝)

とか考えれば、後一年程はこれに追い付くような端末は出てこない。といっても過言ではなさそうな昨今の風潮なので、思い切って買ってしまっても損はないかと。どうせそれなりの額で売れるし。個人的にandroidとiOSはスマートフォンだとわりと制約が大きいので「カスタマイズ」っていうのが大きな操作性とかその他快適性に大きく寄与するんだろうけど、iPadクラスになると大きいのでカスタマイズのできるできないが快適性に影響与える割合が少ないような気がしてて、その点でiPadiPhoneよりandroidに強いのではないかなとか思ってる。というか実感としてあるので、安いandroidタブレット買うくらいならiPad買えって思うし(Windows8は流石にいきなりオススメできる訳がない)iPhoneよりオススメしやすい。

とりあえず今回の仕上がりなら「寝ながらインターネットするひとなら、迷う前に買え」という程度にはオススメできるレベルになったかな。と。あとJubeatとReflecbeatする人はもっとオススメ。