読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

読んだメモ:陽気なギャングが地球を回す

サーッとはじまってサーッと終わるという引っ掛かりの無さがすごいなと。銀行強盗話な上に謎解き的な部分もあるけどそれを一気にサッと読めるのはなかなかないかと。

で、会話の中にときどき気の利いたような事をちりばめてあるので、Kindleで読んでる時の引用の共有が何処についてるか。という楽しめる要素もあったり。伏線という要素もあったりなかったりだけど、モロに飛び込んでる話題だったのであとあと「そういやあったなー」ってすぐに思い出せる感じ。

登場人物の過去に触れたり触れなかったり、そこが鍵になったりならなかったりするんですが、かと言って全員の全部の過去を触れる必要はあまりないというか、適度にミステリアスに残しておいたほうが、かえってユーモアを活かすんじゃないかなと思うし、それよりも話のテンポを大事にした方がこの物語ならあってる。

って書くとライトな感じなようだけど「ピタッとパーツがはまってるのでスムーズに読める」っていう意味でちゃんとライトになってるっていう方が正しいかも。うんうん唸りながら読むものではないので、気軽に読んでしまえるのが良いかと。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)