読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

本当にbeatnation summit 2015に行った話(後半)

Travel blog

尻切れトンボなのも自分のblog読み返してて気持ち悪いのでひとまず完走しておく。ツッコミ等は適当によろしく。

後半(ライブ本編)
ボルテ決勝終わってもまだつきぬ物販列の闇は深い
・外に一度出ても尽きぬ闇の列に物販を断念
コナミさんここは改善どころすぎ
・昼食とりにダイバーシティ内にあふれるグッズ着用者にニヤニヤ
・ここから物販並ぶには時間足りないけど、チケット優先じゃないのでどうせ入るの遅いだろうしって中途半端な待ちなのでガンダム撮影で時間つぶし
・優先とそうでないのの時間差が思ったよりすごいので、CDセットさせるだけの満足度の差はある気がする
・入った途端席取りしないと死ぬのとダイバーシティのロッカーの位置的に帰り死ぬのが明白だったので、ロッカー使わないくらいの荷物にすりゃよかった
・真ん中ちょい後ろあたりに陣取る。ドリンクも買い損ねる
・始まる前から感極まる子もいたり。bemaniすげー事になったんだなと実感
・会場の何処にいてもわかるprimハッピはもはやコミュニケーションツール
・でスタート。いきなりスゲー盛り上がり
・あ、さっき決勝で扱いが酷かった人だ!
・HLYはお前か!!ってなった。イエッピー
・リーダー→トラメガお兄さんのコンボアツい
・北海道からの雑コラムービーに北の大地を想起させる大草原不可避
・雑コラ素材やわらかメガネお兄さんですが札幌のハーコーの大御所です
・「お姫!」呼ばわりに大草原広がる。
・あ、さっき永遠に許されなくなった人だ!!
・許さないのは愛なのです
・曲も暴れ放題ですが、かめりあ首吹っ飛びそうな暴れっぷり
・P*Lightの締めisアツい。というか本当に締めてしまった感すら。
・今日はここからはじまるよと言われ、早くも疲れた客の中に軽く「うは」ってなったとかならなかったとか。主に俺
オープニングアクトの概念壊れるオープニングアクト
・「部長おめでとう!!」「まだ暗転の体だから!!」
・開始1秒で終わるときもあるゲームのプレイヤーたちの集まりだからね。仕方ないね
・「部長になっても音楽やめないよ!?」
・今回はナンバリングコール間違えなかった2DXGOOOOOOOOOOOOOLD!!!!!
・部長権限でMENDES生演奏とかすごい会社だなとしみじみ
・「sotaかっこいい!!」「普段言われないから嬉しい」「カッコイイ!!」「[E]!」
・sota曲の分厚いシンセとライブ会場音響環境の相性すごい。いろいろ超越したものが届いた
・「最近はかわいい系の曲が多いかもしれないけど、魂は忘れてないから」と漢発言L.E.D.とはっぴに猫耳完備のprimのT.kakutaは別人
・と思わずにいられない豹変ぶりは笑わざるをえない。DP譜面は一切笑えないが
・えいにゃとべっべべーの掛け声は完備の最近のBEMANIプレイヤー。スンゴイ。
・疲れるDJと評判のRyu☆。手振りがついにBPM200突破(plan8)
・イベントの手振りですら筋トレ譜面という鬼畜取締役
・「誰だ!?ひなビタおじさんって言ったやつ」、なお締めがめうめうだった模様
・「だってハウス作ってもみんなやらないじゃん!?」せやな
・俺氏。さきほどBPM212のワイパーとかやったのでまったりハウスがイベントではやる日を切に願う
・残念だったなwac!フィバーロボはすでにボルテ決勝のエキシビジョンで誰かが歌ってた!
・ここで休憩。ドリンク争奪戦だったけどここで水飲まないとどこかで攣ると思ったんで必死だったマン
・休憩明け即VENUSというブレイク後即物量譜面的なノリ
・「恋すれど」\ハッ!/「花吹雪」\ア、ソレ!/「ふじもり~」\FU!JI!MO!RI!/
・このお客怖い…(自分含)
・「お客さん完璧で自分たちが怪しいんじゃ不味いでしょ」
・VENUS5人組説浮上
・猫又曲をこの音響環境で流すと本当にスンゴイ。
・猫又をこの環境に解き放つと動きがスンゴイ。
・ついでにかめりあとかも動きがすんごいことになってた。あの首いつか千切れる動き
・「いつもはバックダンサーですが本業は音楽作ってる人なんですよ(相性が哲学って言われる曲)」
・なお本業場面でヨーヨーぶん回すおじさんの模様
・いきなりflash back 90'sはヤバイ。この環境でそれは俺に効く
・kors_kのロング版をこの環境で流すのはヤバイ。それは全員に効く。モンビジ流れたらDDRプレイヤー全滅だった
・びっぐしっぷでー。ボーカルMCともにプロフェッショナルを感じた。
・このkors_kたちからHHH+MM+STの流れはデビュー時とかもプレイヤーだった同世代的には感慨深いものが
・これだけのジャンルの幅がBEMANIだなぁとしみじみ。何でもありなんですよ。
・キングのキングたる所以。Frozen rayのイントロの一発で全てが染まった
・この最終盤でTrueBlueを歌う客is怖い。なお声ガラガラな模様
・全体通してこの音響でこの楽曲はアガるし、レーザー含めたビジュアル的に更にアガる。
・アンコールは「15秒で準備」
・チャリで来TA☆DA☆YO☆SHI
・天空の夜明け締めは大団円感あって良い
・真の戦いはライブ後外にでるところだった
・屋外出てヘタるマン多数。無論俺

思い出し、かいつまんでこれなので実際この数段密度の濃いイベントでした。とにかく音響と映像環境が普段とは段違いなんでいつも聴いてる曲のかっこよさが段違いという良さ。あと当然のように声ネタ、合いの手が自分含め完備なのがゲームやってるからな的な含み笑いと、この場ではそれが大声だせるっていうのが(普段ゲーセンで声だせないしね)よい。

箇条書きでは表せないけど、前回のbeatnation summitから7年の間にBEMANI自体大幅に様変わりしたけど、今回は書く出演者が随所に「7年ぶり」っていうのを意識したものが感じられる部分があって非常にニヤッとする場面もありつつでした。なんか当初「物珍しいゲーム」ってことで一世を風靡したものが、気がつけば当たり前のものになり、1ジャンルになり、そのテイストが各方面に波及して、こうやって地位を確保して、世代を渡るようになってる。なんか想像だにできなかった状態になってるんだなって思って感慨深いものがありまして。部長と取締役が盛り上げるライブだもんな。

真面目な余韻と。腕の筋肉痛(BPM200オーバーのワイパーとか、冷静に考えるとひどい)という物理的な余韻が残るイベントでした。

ライブの荷物については反省があった。ガンダム撮るのがはかどったけど、本当に絞ると財布とSuicaと携帯と着替えとタオルがあれば十分だった。カメラにしてもレンズ一本で十分でしたし。次回はもっとスマートなスタイルで参加したいものです。

おまけ:今回のライブのための状況のとき寄ったゲーセンより
f:id:tanemaki:20150323110745j:plain
ほぉーサインっすか。新潟にもFLOORアーティスト来ませんかね。新潟にも来たらメシ奢るんでやろう!
f:id:tanemaki:20150323112024j:plain
The World of Sound…ウッ頭が(ラストのトリルのラスト一押しミスってスキアナLV09落ちたトラウマ)あ、華陽炎は大好きです。
f:id:tanemaki:20150321194630j:plain
ボルテボタン芸:テーマ「ファミリーヒストリー