読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

おら豊洲さ行くだ - EXIT TUNES DANCE PARTY 2016-SOUND VOLTEX FLOOR ANTHEM & beatnation summit-

blog Travel live beatnation

6時間ってなんだよ!タイトルといい勝負の長さだな!って思ったけど、出演者が増えるたびに出演者一覧のほうがもっと長いよ!6時間で足りるのかよ!みたいな感じになってくる謎のイベントそれがEDP、だがそれがいい。実際6時間は辛かったけどそこ含めてってところがお祭り的な感じだよね。ライブともDJ的なのとも違うノリ。最高だよね。
ということで昨年同様に自分が楽しんでばかりだったので箇条書き担ってしまいますが、雰囲気だけでも伝われば幸い。

開場まで
豊洲駅から会場に向かう道、そこはまさに無だった。ガンダムもいた台場とは違う
・そこにそびえ立つ端の中腹まで伸びる物販列
f:id:tanemaki:20160305082321j:plain
橋に列ができてる時「!?」ってなった。なるしかない。
・列が橋の上だから風直撃で結構寒い
・行列を走りながら見るランナー・ドライバーの奇異な眼
・土曜の朝からランニングするならDDRしようぜ!
・5週くらいするロッベンユニだけは許す
・情報をまとめると始発くらいしか買えなさそうな物販
・待機列から生まれる護岸工事実況
f:id:tanemaki:20160305122215j:plain
影のMVP(昼食中)
・散歩してたばあちゃんが事前注文の紙もらってて草
実際自分が並んだ8:30グループは買えなかったっぽく(自分の付近と思しき人たちの辺りが買えないギリギリッて感じだったし)、買えたとしても先行入場して中で買うのと大差ないというのは罠。
とかくこの物販に関してはわりと本気でどうにかしてほしいというかあの行列も通報されたらアウト案件だと思ったのでどうにかする必要はあると思う。来年もっと規模大きくなった時には徹夜しか買えないとかになったらアホすぎるので。これは切実。

というわけで、列の足切りと時間との割り切りでの脱落者多数(自分も脱落)開場後に購入したけどアレは通販した方がいいわって思った。

・ラーメンVSカレーの間で暇そうな揚げ物
・俺が、俺達が豚野郎だ!
f:id:tanemaki:20160305124036j:plain
このあと日付が変わる辺りまで、何も食べることができなかったのだった…

・まあ、いうてもオタサーの姫的なのとかカップルとか増えてるよねぇっていうのは事実
・後ろの入場待ち見てるとやっぱり買っててよかった宇宙最速セット
・宇宙最速セットの宇宙最速入場に喝采が起きるノリの良さ
・VIPリストバンドシステムいいねー最前線は維持できる幸せ
・ドリンクはコインがあってもライブ後にもらうものとして、自分で用意しておくべきだった。10分じゃ買えねーよ!
・6時間で2リットルくらい感
・グッズ買うならそれ入れる用のエコバッグかビニールバッグ的なのがいいかも(使わないとたためるのが良い)

ボルテエキシビション
・煽りVTRの凄いこと
・炎の申し子VS東の隠密って名前考えたやつ出てこい
・とおもいきや、エフェクターが「ルシファーです」「ハイペリオンです」
・画面真っ暗なまま、ボタン一つで対戦開始とか地味に良いギミック
・いい勝負とかだったのに、それをすべて持っていく王子様codyの反則販促ウェア固め
・メドレーのバンギン譜面を見てる時、あのあと自分たちにもバンギンが流れるとは思ったけど、速度の暴力が襲いかかるとは思いもしなかったわけで
・ぇっゃイヤホン忘れ!!!

Floorステージ(順不同)
・いきなりLightShowMagicは最高だが6時間という長丁場を考えないブチアゲスタート
・Make some Noise!!
・そしていきなり現れる部長と王様
・はじめからクライマックスは最the高だが6時間なんだぞ!!
・おもむろに始まるボルテ体操とか言う飛び道具
・ベイベイベイベ地帯を体操にしきったパフォーマンスis良い
・ギガデリリミで飛び出すkors_kに俺らのほうが吹っ飛ぶ事案
・みんな割りと隅田川夏恋歌うたえるのね!!
・流した曲はここなつとはいえ、やはり二代目ひなびたおじさんは伊達ではなかった
・縦連→SCREAMこれはグリモワってますわ
・作曲者とゲーム内キャラを一緒にしてはいけない事例としてのラスコン
・Tシャツになった曲を流さない奴がいたんだって!?(本人談)
・多分音響の設定的に女性ボーカルが響きづらいのか、自分の立ってた位置が良くなかったのか。
・とはいえこれまではなかなか姿をみせづらい人もじゃんじゃんステージに出てくるあたりが円盤化されないメリットだなぁと
・ハーレくん実写化おじさん
・肩 紐 事 変
・俺 を 見 ろ(ハイペリオン
・まさかのHirayasu Matsudo降臨
・Pet peeve+つまみBGA+ダンスとパントマイムに曲のタイトルとは裏腹に盛り上がる
・出してくる曲よりもそれに答えて歌う歌詞の単語一つ一つがおかしいARMステージ
・3000人で右腕上げて、3000人でおっ○い連呼
・ARM、無事ちくわ姫と化す
・田中見てるか…あれが3000人の前でちくわを食べる男だ…
・3000人に「バーカバーカ」言い合う笑顔あふれる豊洲
・ボーカル2人+ボーカロイド1人のFloorきってのボーカルコンポーザー\源 屋 !/
・Floorボーカリストがじゃんじゃん出てくるので客席も驚きの連続なの、知ってる曲ばかりと思ってるEDPとしてはある意味新鮮
・すっかり名曲で通名が知れ渡ったところで今年も聴いていってくれ!
・縦連を超越させてリピートかける鬼畜仮面ayatsugu
・\大 宇 宙 ス テ ー ジ/(BPM+20)
・\スッポコニャーゴ/
・\イエーイエッイエー/\ファイアーファイア/
・感動のFloor終演と「まだ半分行ってない」といい事実に驚愕する観客

2012年の時はここまでのムーブメントになるとは微塵も思ってなかったんでホントなんかね、実際ライブ中は盛り上がり過ぎてそれどころじゃなかったけど、終わって数日たって出演者・他の観客のひとの感想とか見てると感慨深さとニヤニヤ感がブワーッと湧き上がってくるんですよ。べつにただ単にプレーしてただけのしかもその割には下手くそなんですが。パーシティペーションなのに期間限定とはい100円3クレ設定時代(しかも設定戻し忘れでしばらく3クレ放置されるくらいの空気感)とかあったのが嘘みたいでさ。

ゲームだけのプロデュースじゃなくてここまで含めてのプロデュースっていうのはやっぱりこの手の業界でも先駆け的だったんだなと。
その辺の感慨を感じるのはまた後日で、その日は休憩に水買おうと思ったけど、買えずのまま雪崩れ込むという流れに

以下、後半へ続く。


SOUND VOLTEX ULTIMATE TRACKS -FLOOR ANTHEM- EP.01

SOUND VOLTEX ULTIMATE TRACKS -FLOOR ANTHEM- EP.01