読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

AirPodとかいうiPod

AirPodとかいうたべられないうどん。
とは言いえど使ってみると評価の高いデバイスで、使っててもすごいとか感じる間もなく普通に使ってるものになってしまうのがすごい。

AirPodの評価をどうするかによってこれも変わってくると思うけど、自分の中では「さらに小さくなったiPod」という評価になってる。「でも、iPhoneの音楽飛ばしてるだけだしイヤホンでしょ」っておもわれそうだけど、実際としてiPhoneとかのデータが入ってるデバイスっていうのは昔のiPod、さらにいうとウォークマン時代と違って「すでに必須になってる物の中に内包されてる」のが前提だったりする。まだ音質、バッテリー、容量、その他の理由で「音楽プレイヤー」を持ってる人はいるけど、だんだん「音楽プレイヤー」というか「音楽のための道具」っていうのがイヤホン以外なくなってきてる。それ自体はかなり前からのこととはいえ、実際そういうのが現状だと思う。

CDがまだまだ強い日本でも、それ自体をかけるよりは、CDからリッピングしたものを入れてるというのがCDの聴取スタイルなわけで、アプリの一つ以外の「音楽を聴く媒体」というものはイヤホン以外消滅してる。といっても過言ではないとは思う。(SDカードというのはあるかもだけど、それも使うときは基本的に端末の中に入ってるし、昔のディスクほどの交換頻度ではないので、存在感はほとんどないと思う)

ヘッドホン型プレイヤーってのも過去からあるとはおもうけど、あの小ささとそれを実現しようとしたときの扱いづらさ(充電・楽曲やメディア管理)を解消しているというのは他にはない強みだと思うし、通知・通話がそのまま使えるというのもiPodや音楽プレイヤーとしては破格の事だと思う。

他の人にとってのAirPodってまた違うんだろうけど、自分にとってはそういう音楽プレイヤーの進化を形にしたのではっていう感想だったりします。

AirPods MMEF2J/A

AirPods MMEF2J/A