読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一を聞いて虚数解

枠の外の話

2008年度缶コーヒー振り返り(前半)

今日ははてなハイク内に缶コーヒー部なる非常にニッチながら自分好みの部があったのを発見。と言うわけで、今年度ことある事にダイアリーとフォトライフにあげてた缶コーヒー写真をまとめてみた。(長くなるので前後半に分けます)

WANDA ZERO MAX
たぶん糖質ゼロの走りはこれだったような。今年の四月のことなので本当に一気に広まったなってのが素直な印象。正直味は…だけど。

POKKA 吟醸仕立て

BOSS SILKY BLACK
もともと、大きめボトル缶にブラックってのがROOTSが出してたけど、ここらへんから一気に各メーカーが乗り出してきた印象。夏場の車の運転時は助かった。

FIRE CAFE ZERO
ジェロがCMでてたっけな。ダジャレですか!

GEORGIA COFFEE HUNTER

ROOTS innocent brew
ROOTSは意外に固め打ちのようなリリースするから覚えてないことが多々ある。

Roots KENYA BLACK
たぶん、今シーズン前半一番はこいつだった記憶が。普段香料投入しまくりのJTが遂に無香料で本気出してきたかと思ったっけ。良いブラック。

WANDA 白いプレミアム

GEORGIA THE BLEND

BOSS SWITCH SHOT

D-1 StageZero
個人的には一押しのダイドー(樽ブラックはいいですね)なんですが、無糖・微糖の人気をかぎ取ってここから一気に微糖路線にシフト。D-1はとりわけその路線が顕著で、レギュラーまで微糖にするという大胆な手に出てきました。

GEORGIA ESSENCE DROP

UCC BLUE MOUNTAIN

Roots HUEHUE TENANGO

GEORGIA QUALITY AROMA

Roots PLAIN LATE

FIRE BLACK CARIBIANO
ちょうどこれが出たのが夏の暑い時期で、それに合わせた感じの味とパッケージがなかなかヒットしました。さっきのROOTSと前半の2Topかと。

まあ、ここまでのコメントを見て解るとおりブラック好きな訳ですが一応レギュラーも目新しいのがでれば結構飲んでます。
とにかく微糖・糖分ゼロが台頭してきてた感じの今年。加糖のコーヒーはなかなか良いのがなく、逆にブラックは良い感じだったような気がします。
(後半へ続く)